MENU

最小限の化粧品で旅行先でも最高の肌でいよう

旅行にいくときには、できるだけ荷物は減らしたいと思います。ですが、どうしても環境が変わってしまうこともあり、肌の調子が悪くなってしまうことも結構あるのでしっかり揃えていないと不安なところもありますよね。
旅行の時は、荷物を減らしつつ、あなたの肌を守れるコスメを持っていきましょう。そのためのポイントは以下のとおりです。

 

  • 絶対にスキンケアにかかせないのは、マルチクリームと保湿バーム

飛行機や車、電車などで移動する時というのは、エアコンなどの空調もあると思いますがどうしても乾燥します。肌のトラブルの元となるのは、乾燥が大きい原因だったりします。また唇が乾燥したり、髪、ひざ、ひじ、かかとなども乾燥がきになったりするんですよね。なのでこういったときにはマルチに使えるワセリンなどのマルチバーム、クリームがあるとかなり重宝します。
ワセリンは、リップケアなどにもとても優秀なアイテムです。またそれ以外のマルチクリームとなるような刺激が強くなく、特別な成分が入っていないようなゆるめのクリームも一つもっておくと全身に使えてとても便利です。是非普段からあなたのお気に入りとなるようなマルチクリームを探しておきましょう、
そして、最低限もっていきたいスキンケアアイテムは以下のとおりです。

 

1.化粧水が2種類
2.メイク落とし
3.保湿系の美容液
4.乳液またはクリーム
5.日焼け止め(UV乳液)
6.UVスプレー

 

 

旅行化粧品は小分け、詰替えで最高の肌でいよう
長期旅行でなければ、これらはサンプルサイズで大丈夫です。この持っていく化粧品のポイントは化粧水を二種類もっていくということ。1つ目はミストローションの代わりにするものなので、プチプラなもので大丈夫です。もちろん普段使っているものを小さいボトルに詰めてもOK。
化粧水を二種類使っていると旅行先でも水分量がきちんと保てることで肌の状態が安定してきます。なのでいつも使っている化粧品でないとだめということもありません。ただしよっぽど古い化粧品サンプルなどを持参するのはやめましょう。
化粧水はつけたあとに、もちもちっと肌が感じるくらいつけることがコツです。この保湿状態のモチモチ肌ガイジできれば、肌の状態も安定します。
そして、旅行に限りませんが、洗顔料というのは、実はなくてもよかったりします。夜はクレンジングのみ、朝は、ぬるま湯で洗顔をすることでむしろ肌の調子があがってきたりするので、荷物になる洗顔料は持たなくてOKです。

 

旅行で荷物を増やさずに持っていきたいメイク道具

メイク道具もしっかりもっていきたい気持ちはありますが、やっぱり荷物は減らしたいですよね。メイク用品は8点だけ持っていくようにしましょう。
1.小さいサイズのルーセントパウダー
2アイブロウペンシル
3.アイシャドウ
4.スティックタイプのファンデーション
5.スポンジ
6.アイラッシュカラー
7.パウダーチーク(1泊の旅行であればブラシに含ませていけばOK)
8.ミネラルパウダー(これも1泊旅行であればブラシにつけていけばOK)
旅行化粧品は小分け、詰替えで最高の肌でいよう
このくらいであればそれほど大きくないサイズのポーチ1つで足ります。スティックタイプのファンデーションは持っていない方も多いかもしれませんが、一本もっていると普段の外出先でのメイクもすごく楽になり、荷物がかさばらないのでおすすめです。
また、パウダー系のものは、ブラシに含ませていけば、より荷物が減らせます。付け方としては、ブラシを逆さにしてパウダーをブラシの中に入り込ませるのがポイント。そしてブラシを小さい透明のビニールなどにいれていけば大丈夫です。
コントロールカラーなどの下地は荷物を減らすと思って割り切って持っていかなくていいと思います。またチークをうまく目元に使えれば、アイシャドウはおいていってもいいと思います。最低限のコスメでナチュラルにかわいくするというのもチャレンジしてみると楽しくなります。