MENU

目の周りの色素沈着は欠点ではなくむしろラッキー

目の周りの色素沈着が気になっているという方も多いようですが、これはむしろあったらラッキーなもの。まぶたと涙袋の色素沈着は、自然に顔の彫りを作ってくれるので目が大きく見えるんですよね。
なので、がんばってファンデやコンシーラで消したりしていた方はもったいないのでやめましょう。

 

目の周りのこういった黒ずみは、ファンデーションを使わずにいた方が化粧もナチュラル感が増し、顔の陰影を作ってくれます。むしろファンデで涙袋までしっかり塗ってしまうと目が逆に小さくみえるので目のキワまでファンデは塗らない方が絶対きれいになります。

 

まつ毛は太さや長さよりあげる角度が勝負

マスカラなどでは、ボリュームがでるタイプか長さがでるタイプのものが常に人気でいろいろなメーカーから次々と新商品が出されてきますが、マスカラをたっぷりと塗り重ねても目は大きくみえないということに気がついてない方が多くいます。
むしろあまりにもまつ毛がぼてっとしていると目が小さく見えたり、単にマスカラをいつもたっぷり塗ってる人、厚塗りメイクの人という印象の方がどうしても強くなってしまうんですよね。
メイクが上手い人は、マスカラの前にしっかりとビューラーでまつ毛をあげる方に注力します。またマスカラの前にカールをキープするためのマスカラ下地を必ず塗ることも大切。
このカール度合いが目を大きく見せます。マスカラのボリュームや長さが絶対と思いこんでいる方も多いのですが、冷静に自分の目をきれいにみせるためにまつ毛の角度を重視するメイクをしていきましょう。
これさえやれば、マスカラはひと塗りで行った方がむしろきれいに仕上がります。

 

 

泣いてむくんでしまった目にはブラウンのアイシャドウでリセット

泣いてしまった翌日の目や生理などで体調が悪かったりした日は目がむくんでいたり、腫れていたりしますよね。この場合には、あわてずにブラウンのアイシャドウを使えば大丈夫。
ブラウンを使うとまぶたにホリを作ってくれるので、まぶたに塗ると影になり、凹んだようにみえてきます。
この時に注意するべきなのは、アイシャドウを塗る範囲です。

 

アイメイクのやり方や上手な化粧の仕方もちょっとしたコツ!

 

目が腫れたときのブラウンアイシャドウは通常のアイシャドウより広めの範囲に色をのせることがポイントとなります。びっくりするくらいの範囲でも大丈夫なので、色は指を使ってぼかしながら入れていきます。
範囲としては眉の下にある骨のすぐ下まで思い切って伸ばして大丈夫。塗る時は、まぶたのキワから塗りはじめて、眉の下の骨の下まで広げてグラデーションをつけていくイメージです。ブラウンがなければ、ベージュでもOKですし、失敗がありません。
アイブロウパウダーのブラウンを使っても大丈夫です。そしてアイラインは使いません。理由はまぶたが腫れていると目のキワに肉がかぶってしまうので、ラインをいれてもみえないから。またまぶたがはれているのでまつ毛もアイラッシュカーラーでまつ毛の先だけをくるんとカールさせるだけにしましょう。さらに完璧にしたければメガネをかけるとより影ができて、ちょっとしたイメージチェンジにも使えることも。

 

夕方に疲れて目がくぼんだ時には、オレンジのアイシャドウを使おう

夕方になるとパソコンを見すぎてたり、疲れが出てきて、まぶたがくぼんできたりします。これがさらに疲れた感じ、老けた感じを出してしまうんですよね。そういう時でも仕事の後に外出の予定があるなんてこともありますよね。
そんな時用にオレンジのアイシャドウを1つ用意しておくとすごく便利です。

 

オレンジ系のアイシャドウはブラウンと逆でまぶたがふわっとしてきます。塗る時の範囲は、目が腫れたときと同じでまぶたから眉の下の骨がくぼんだあたりまで広く入れます。これをいれるとまぶたがふっくらとしてくれます。
この方法は、40代以降の方がちょっと老けてきたかもと感じたり、疲れた顔が気になっている場合にも有効です。

 

反対にグリーンやブルーのアイシャドウを使うと逆効果になってさらに疲れて、まぶたがくぼんでみえるので要注意です。